日本のバレンタインデーのルーツ

バレンタインチョコ 2017 お取り寄せ.com

日本のバレンタインデーのルーツ

日本のバレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを渡して愛を告白する日(変わってきてはいますけど)。

 

「バレンタインデー」=「チョコレート」を始めたのはメリーチョコレートと言われています。

 

1958年(昭和33年)2月に新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出して、3日間販売したのが始まりとか。

 

そのときは数個しか売れなかったそうですが、翌年にはハート型のチョコを作って「女性から男性へ」というコピーも作られたようです。

 

昭和30年代後半になると、他のメーカーも積極的にバレンタインにチョコレートを売り出すようになってきて、広告活動も活発に。

 

バレンタインにチョコレート買ったらプレゼントが当たる!といった広告もあったりする中、少しづつバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が定着していきました。

 

昭和40年代末から50年代になると、各社の販売戦略も実を結んで、「バレンタイデーにチョコレート」を合言葉に、一大イベントになったとされています。

 

メーカーの販売戦略と言ってしまえばそれまでですが、今、世界中のチョコレートが日本に集まって来るのは「バレンタイデーにチョコレート」の習慣があるからこそ。

 

大切な相手とチョコレートを楽しむのもよし、自分で美味しくいただくのもよし、せっかくだから楽しんじゃいましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

・・・他のおすすめチョコ・・・

日本のバレンタインデーのルーツ

日本のバレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを渡して愛を告白する日(変わってきてはいますけど)...

≫続きを読む

世界のバレンタインの過ごし方

日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを贈って愛を告白するのが一般的ですが(最近はちょ...

≫続きを読む

チョコレートの歴史は紀元前2000年までさかのぼる

子どもから大人まで大好きな、甘くてとろけるチョコレートですが、その歴史は意外にも古く紀元前までさかの...

≫続きを読む

ページトップへ